災害時への備え l 非常持ち出し袋 リスト l 大規模災害での行動 l
   
火傷の応急処置 l 火傷の症状のレベル l リンク
常日頃からの準備
 
 災害にあってから「災害対策」を始めるのでは遅い。
 事前の準備が自身や周囲の人を危険に巻き込まず、震災後自分達の命を繋ぐものになります。
 

家の中、室内での転倒対策
 
 非常持ち出し袋や非常時に使うものを玄関の近くに置くなど、 
  家が倒壊しても比較的取り出しやすい場所に置く。
 
 消火器の場所の把握や風呂桶に常に水を溜めておく、 
  火災が起きた際の防災対策断水対策です。
 
 家具の固定など転落防止対策。
  大きく重い家具が飛んできたという話もありますので、金具やつっかい棒で家具を固定
  (つっかい棒は家のゆがむような 大きな地震ではあまり役に立たないとの意見も)
 
 家電製品も飛んできたら凶器と化しますので、固定して動かないようにしてください。
  また家電の近くに花瓶や水槽などといったものは危険です。 
  中の水が家電にかかって火災が起きる可能性があります。
 
 高い位置に割れ物など危険な物を置かない。
  できるだけ食器やグラスなどは低い位置に保存。
 
 窓ガラスやガラス戸のついたタンスなどには飛散防止フィルムを貼ります。
 これを貼ることによって、ガラスが割れても破片が飛び散って怪我をするなんてことを防ぎます。

 
 
避難用の個人情報を記載したメモを作る 
 
 住所、名前、生年月日、性別、血液型、
  持病などある人は明記

 
 災害用伝言ダイヤルサービスの利用法や
  非難所の場所

 
  必要なことを書いた用紙を濡れても平気なように、 
  ラミネート加工や防水ファイルなどに入れて、非常持ち出し袋以外に、 
  よく使うカバンに入れ常日頃から持ち歩くようにしましょう。
 
  「突然の災害、瞬時に各自対処法を判断する!」 
  なんて中々、出来るものではありません。 
 
  頭が混乱しているので、覚えているつもりでも度忘れしたりと、そういうときに役に立つはず。
 
家の外、室外での塀などの倒壊対策と補強
 
 家やブロック塀などの耐震性を確かめ、 必要なようなら補強などをする。
 
 特にブロック塀と自動販売機は倒れやすい。
  自分以外にも他人の命を奪ってしまう危険があるので、事前に固定などの対策を!
 
 

Copyright (C) 2008 地震災害対策 All Rights Reserved.