災害時への備え l 非常持ち出し袋 リスト l 大規模災害での行動 l
   
火傷の応急処置 l 火傷の症状のレベル l リンク
非常持ち出し袋 リスト
 
 緊急時、はじめに持ち出す非難持ち物袋。災害時周囲は混乱していますし、余震なども続いていることでしょう。
 ですので、そういった状況で自身を守るための非常持ち出し袋が、”持ち上がらない” ”取り出せない”など、
 逆に非難の邪魔になっては意味がありません(持てる最高の重さが、女性10Kg 男性15Kgといわれています)
 あとで一時帰宅の時にでも取りに戻ればいいのですから”持ち上がり動ける”程度に必要な物をつめてください。
  
 非難時はできる限り、戸締りをしてから非難しましょう!
 混乱して人々が自分のことに精一杯なのを利用して、空き巣をする人がでてきます。

 
  絶対必要!  がついている1列は、絶対に必要となるものですので、忘れないようにしてください。
  電化製品
  絶対必要!   懐中電灯、携帯ラジオ(AM/FMが聴ける)
 電池(まめに充電や補充をすること)
 
 防水機能のついたMP3プレイヤーでもラジオが聴けるものがあるので
 そういったものでもいいでしょう(電池対応のものを選んで下さい)
 
 *電池は充電式の電池を買ってこまめに充電するがオススメ!
 長い目で見るとそちらの方が経済的ですしゴミも出しません。
  医療品
  絶対必要!  常用薬 *持病持ちの人は常用薬を忘れないように!
 
 消毒液、包帯、ガーゼ、バンソウコウ、解熱鎮痛剤、胃腸薬、目薬、
 毛抜きやピンセット、湿布(患部にスプレーするエアサロンパスがオススメ!)
 
 緊急時怪我を負った場合、包帯やガーゼなど止血をする道具があるなしに
 左右されたという話を聞きますので持っているにこしたことはありません。
 (女性用の生理用品は止血道具にもなるらしい)
 日常品
  絶対必要!  トイレットペーパー(1人2個、芯を抜くと持ち運びやすくなる) 
 
 油性ペンなど筆記用具、食器類
(+フォーク等)、ハンカチ、タオル、ティッシュ、
 ウェットテッシュ(水が使えない状態なので手を拭いたりに使用)
 サランラップ(皿の上に敷いて使用、水を使って食器を洗わずに済む)
 防水ビニールシート、缶きり、ナイフ(十得ナイフ)、ロープ、雨具、
 携帯電話
(+充電器やバッテリーも忘れずに持っていく)方位磁石、
 
 《家庭によっては必要》
 生理用品、粉ミルク(離乳食)、オムツ(特に大人用は手に入り難くなる)
  衣料品
 防寒具(ジャケットなど)、靴下、下着(1人2〜3枚)
 軍手、スリッパ、カイロ(貼るタイプ)、毛布や寝袋
 
 災害に季節は選べません。
 ですので、寒い時期でも困らないように
防寒対策をしましょう!
    貴重品
  絶対必要!  保険証、免許証、通帳、印鑑、カード、貴金属、
 財布(現金)、家や車のカギ

 
 混乱しているのをいいことに、空き巣などする人が出てきます。
 ですので、非難時には貴重品も持って逃げましょう!
 
 ヒドイ災害時には、コンビニなど商店も営業しません。
 自動販売機で飲料などが買えるように小銭を用意しましょう。
 水・食料品
  絶対必要!  水(1人1日に3リットル)、非常食、クラッカー、缶詰、かんぱん、
 栄養補助のゼリードリンク(ウィダインなど)レトルト食品、インスタント食品、
 栄養補助食品
(カロリーメイトなど)、チョコレート、飴、塩
 

 
飲み過ぎないように水は、500ml の小さなペットボトルで用意しましょう。
 災害時に飲料水は貴重です。この他に、甘い飲料水も用意するといいでしょう。
 
 これらを全部持っていくとかさばる上に重くなりますので、必要だと思われる量を
 各自非常持ち出し袋に入れてください(残りは一時帰宅などの時に取り戻ればいいので、非難を妨害しない程度の量に調節します)
 
 
 
  
生活に必要なものリスト
 
 生活に必要なものをまとめました。各家庭によって内容は変わります。
 ですので、下記の例を参考にしてください。

 
 
  絶対必要!  卓上ガスコンロ、カセットボンベ、調理器具、食器類、
 燃料になるようなもの(バーベキューセットも便利)、ランプ粘着布テープ、
 銀色の大型アルミシート、
寝袋、毛布テント、ビニール紐、防水シート、
 

 
飲み過ぎないように水は、500ml の小さなペットボトルで用意しましょう。
 災害時に飲料水は貴重です。この他に、甘い飲料水も用意するといいでしょう。
 
 これらを全部持っていくとかさばる上に重くなりますので、必要だと思われる量を
 各自非常持ち出し袋に入れてください(残りは一時帰宅などの時に取り戻ればいいので、非難を妨害しない程度の量に調節します)

Copyright (C) 2008 地震災害対策 All Rights Reserved.