災害時への備え l 非常持ち出し袋 リスト l 大規模災害での行動 l
   
火傷の応急処置 l 火傷の症状のレベル l リンク

 
常日頃からの準備 
 
  消火器の位置、消費期限等を把握し新しいものに変える。浴槽に水を常に溜めておく。
 
火災発生 
 
 燃えやすく、どかせそうなものは退かし、消火器を使い消火。
  消火器がない場合、硬く絞った濡れタオルなどの布を火災個所にかける、
  風呂の浴槽の残り湯などを使い消火。
 
 天ぷらなど油を使っているときに、火災を出してしまった場合。
  火の勢いが強くないときには、鍋に蓋をして空気の供給をとめ、
  しばらく待ちましょう。消えます。※すぐに鍋の蓋を開けてはいけません

  怖い場合は無理せずに消防車を呼んでください。
  無理をしても油の入った鍋などを零したり、大火傷をしたりして、被害を増やすだけです。
 
  それでも火の勢いが弱まらない場合は、消火器を使いましょう。
   水を入れると火の勢いが増したり、飛び散りヤケドをする場合がありますので、
   絶対にしてはいけません!(水分を多く含む、濡れた布、野菜などは逆効果)
 
 小麦粉など粉類には出来る限り触らないように!
  締め切った室内では、飛び散った粉に引火して粉塵爆発を起こす場合があります。
 
  火の勢いが天井に移るような強い場合、個人では消火が難しくなります。
  近所に知らせ避難を促し消防署に連絡して、消防車にきてもらって下さい。
 
  
火災避難 
 
  腰を低く落として、煙を吸わないように非難しましょう。
  煙を吸うと気管のヤケドや一酸化炭素中毒なってしまいます。

  また、火災によって空気が薄くなるため、動き難くなる。
  動ける人は手を貸し、助け合いながら非難してください。 
 
  
 
  火傷の応急処置
  火傷の症状レベル(軽症・重症)
 
  

Copyright (C) 2008 地震災害対策 All Rights Reserved.